2009年07月14日

日本の大事なもの、あげる

ガス泥棒だ。



「重大な懸念」と中国に申し入れ=ガス田の共同開発で−政府
中曽根弘文外相は14日の閣議後会見で、日中両国が共同開発で合意した東シナ海のガス田「白樺」(中国名・春暁)に中国船が到着したことに関して、中国側に「重大な懸念」を伝えるとともに信頼を損なう行為を取らないよう申し入れを行ったことを明らかにした。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009071400380


維持管理には関係ない資材の持ち込みなどが確認されたという。



遺憾の意、発動前の「重大な懸念」ですね。

約束破ったら、○○します。と、約束しとかないと。
何回嘘つかれてんの?
また開発したらどうすんの?
また、抗議だね。繰り返される抗議。進む開発。


日本側は、継続協議中は、中国が別のガス田の開発を停止するものと理解。一方の中国側は、合意事項ではなく何ら拘束されないとの立場で、合意後もガス田、樫(同・天外天)の開発を継続。日本側は、中国によるガス田開発の作業を何度も確認し、繰り返し抗議、これに中国側が反発するという悪循環が続く。
2009.6.18
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/display/6620/

とられ放題日本海の地下資源。

この『樫』とか『楠』とかあるいは『翌檜』とか、この全体を開発しようとした時に、それが重くのしかかって、つまり日本が今まで大前提にしてきた、私たちはフェアな民主国家ですから、国際司法裁判所にさえ持っていけば大丈夫と思ってたのが、実はこの福田政権のこのガス田の合意によって、すでにガラガラと崩されつつあるという重大なことなんです」
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid510.html


サザンオールスターズ 海
タグ: ガス田
posted by ブーン at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の事件 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123501706

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。