2009年09月26日

日本人は、立ち泳ぎが得意です。立ち泳ぎのやりかた。



ほんとによかった。助かって。15時間、海で一人で泳ぎ続けるのは、ちょっと想像できない。


で、実は日本には、立ち泳ぎの文化が根付いておりまして。
戦いとか、参勤交代での移動とか、芸術で。



立ち泳ぎで「大名行列」再現とあるのも、昔は橋が少なかったせいもありまして、みんな泳げないといけないんです。荷物もって。江戸までいかなくちゃならない。

 しかし、むちゃくちゃに泳いではいけない。整列しまして。大事な荷物を頭上に掲げまして。殿様とか。沈んだら切腹かも、くらいの勢いで、立ち泳ぎで優雅に見えるように川を渡るんです。太刀持ちもいましてね。刀ぬらすと怒られます。いや、切腹かも。

そんな立ち泳ぎ方法が、日本各地に残っているのでした。
あと、城への潜入する泳ぎかたなんかも、残っていますよ。

速く泳ぐ、クロールなんかより、川や海では、日本泳法やくにたちます。スイミングスクールでも、教えれてるのかな、立ち泳ぎとか。


立ち泳ぎのやりかた。股を開いて、足をくるくる内側にまわす。



ちなみに名城さんは
名城さんは両腕を小刻みに動かし泳ぎ続け、パニックにはまったく陥らなかった

とのことです。


人気blogランキング参加中です。




ブログパーツ



ラベル:立ち泳ぎ
posted by ブーン at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。