2007年06月18日

さびしがりやさんの歌

左上にある「今月の歌」。6月は、Janis Joplin "ジャニス・ジョップリン"です。

 27歳で亡くなった彼女。1960年代の終わりごろに大人気。

当時アメリカは、ベトナム戦争中。大流行した、ドラッグとフリーセックス。セックスの相手はいたけど、大好きな彼氏はいなかった。

やっと彼氏・恋人と呼べる存在ができたとき、彼女は死にました。


髪はくしゃくしゃだし、頭痛がする。家へ帰ればひとりぼっち。ドレスは畳まれ、靴は脱ぎ捨てたまま、マネージャーにたのむ、お願いだから家に連れていって、ね、御願い。って。
 http://sound.jp/janisjoplin/jjbio.html


 同じく1970年に、ジミ・ヘンドリックス死亡。27歳。

 1971年、ドアーズのジム・モリソン死亡27歳。




 



人気blogランキングへ


1970年 よど号ハイジャック事件
 http://www.youtube.com/watch?v=xlDKdtvKzbc
posted by ブーン at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

雨を見ましたか?雨は止みましたか?

このブログの左上にある、今月の歌。
今月はC.C.R(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)というバンドの曲でした。

最初に使ってたのが、「雨を見たかい?」(Have You Ever Seen The Rain?)
どんな歌かといいますと、

「晴れてたのに、いきなり雨がふってくるねー
 キラキラと、光る水のように降って来るねー
 そんな雨見た?」
ってな感じで。この雨というのはは、爆弾のことだと言われています。ベトナム戦争について歌われたものだと言われてます。
なので、動画も過激な感じなのを使いました。まさにベトナム戦争ですね。昔、サザンの桑田さんも歌ってましたよ。




次に使った曲が、同じくC.C.Rの、「Who’ll Stop The Rain 」
(誰が雨を止めるんだ?)という曲です。
これも、同じく雨=爆弾です。曲の中盤では、社会的な雨、でしょうか。終盤は、ライブでよく雨が降ったなーという感じです。
だいぶ、おっちゃんになったジョン・フォガティですね。一番人気があったのは、70年代でしょうか。それからだいぶ時間がたったものです。その頃は、知りませんが。

Who stop the rain
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? unecricri

なぜ、この動画を使ったかと言えば、ドラムのおっちゃんが格好いいからです。ケニー・アロノフといいまして、とても有名なドラマー。
ジョン・メレンキャンプというシンガーのドラムとしても有名です。

 ということで、雨=爆弾という社会的イメージで今月の曲は、C.C.Rでした。C.C.Rの曲は、ベトナム戦争の映画にもよく使われています。
日本の5月も、社会的雨降りが、多かったですね。6月は、社会的には爽やかな月でありますように。本当の雨は、たくさん降ってくれていいよ。

6月の曲は、何にしようかな。決まるまでC.C.Rで。

人気blogランキングへ


ベトナム戦争で、B-52が雨のような爆弾を落としているところ。
B-52は、めちゃめちゃでかい空の化け物。
http://www.youtube.com/watch?v=88jrZjsNHPc


「雨を見たかい?」の歌詞 (英語)
Have You Ever Seen The Rain?

「Who’ll Stop The Rain 」の歌詞 (英語)
Who’ll Stop The Rain
 
posted by ブーン at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

昔の侍は、流れ星のような人生

 仏蘭西と日本のお話じゃ。。のエントリーで取り上げた、お侍さんに関してですが。

 エレファントカシマシが、「昔の侍」という歌を歌っています。
 これだ http://www.youtube.com/watch?v=r6AUJUEyDm0


ただ、昔の侍を聞いたり、切腹の話なんかで自滅的な気分になられてもなんなので、、次の動画もエレカシで
「流れ星のような人生」



 人気blogランキングへくりっく感謝です。



 さらば青春 http://www.youtube.com/watch?v=AaEE3JCGh3s



posted by ブーン at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ジェフ・ベック 用意はできたか?


People Get Ready Jeff Beck Rod Stewart
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? avajra

ジェフ・ベックのギターと、ロッド・スチュアートのボーカルで「PEOPLE GET READY」 ピープル・ゲット・レディ  です。物凄くかっこいいですね。

 ジェフ・ベックは、とても有名なギタリストです。
歌詞は、ものすごいキリスト教の歌です。日本では、宗教色を前面に出す歌は無いですね。無いほうが良いですけど。
 歌詞を分からずにずっと聴いていましたが、歌詞わかる人では、キリスト教の人だけ聴くんでしょうか。

歌詞
「People get ready, there's a train comin'
用意はいいか。列車がきたぜ。

You don't need no baggage, you just get on board
荷物なんて必要ない。ただそこに乗ればいい。

All you need is faith to hear the diesels hummin'
主の声を聞く信仰がすべてだよ

You don't need no ticket you just thank the lord
切符なんていらない ただ主に感謝を」
 http://www.edita.jp/bigmama/one/bigmama24071321.html
 

 歌詞の意味さっぱり知らないまま、聞きほれている曲っていっぱいあるんやろね。「用意はできたか?列車は来たぞ」って言っていますが、用意は全然出来て無いです。ただ電車が通り過ぎるのを眺めています。ジェフ・ベックのギター聴きながら。


 カーティス・メイフィールドバージョン Curtis Mayfield - People Get Ready
http://www.youtube.com/watch?v=VQqTxK7VhSk


人気blogランキングへ



posted by ブーン at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

ギターの奏  指が短いんです。でも凄いんです。

ギターを弾くのに、手が小さいとか、指がまがりにくいとか、色々あるね。それはね、仕方がないね。

指が短いと弾きにくいよね、ギター。うん。弾きにくい。間違いない。




もう言い訳できないじゃないかー。足で弾かれると。
Mark Goffeney さんって言うんだね。マークだね。

マークさんは、Big Toeっていうバンドやってるのかな。
 http://www.myspace.com/bigtoerocks

Big Toeっていう、でかい指とかいう意味かな。
日本でも、Big Toeっていう有名人がいるんだがね。
メガネかけてるのが、日本のBig toeさんだ。



少し前には、盲目のジェフ・ヒーリーさんの曲がヒットしましたね。ええ、ヒットしましたよ。たしかに。なにかの映画でも見ましたね。ええ見てますよ、きっとあなたも。
 http://www.youtube.com/watch?v=MJh3KaIKDAw

え?今は盲目のギタリストといえば、ラウル・ミドンだって?

 なに?憂歌団だった木村 充揮じゃないかって?歯が抜けてる?
いえ、この方がラウル・ミドンです。間違いない。トランペットも必要ないんですから。http://www.toshiba-emi.co.jp/st/artists/raulmidon/index_j.htm


 日本人は、盲目のギタリストいないよね。出てくればいいのにね。レイ・チャールズばりのピアノシンガーとかね。と思ってる人多いと思いますが、ちゃんといてますよ。
 田川ヒロアキさんね。http://fretpiano.com/hiechan/song/index.shtml
きっと他にもいるんだろね。


ギター下手糞な人は、言い訳が、全部なくなっちゃいますね。
はい、なくなりました。下手なのは、練習しないからです。


人気blogランキングへ



posted by ブーン at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

愛と奴隷と神様と アメージング・グレイス

有名なアメージング・グレイスという曲ですが。
1750年ごろのお話。

奴隷船に乗って、奴隷を調達してた男が、書いた歌。

あー俺ってヒドイことをしたよ。でも神様がいてくれてよかった。奴隷船に乗ってる最中死にかけたけど、助かったよー。神様ありがとー!!って感じかな。

そして後に牧師になると。

悪かったけど、神様は許してくれるんだー慈悲です愛です、
みたいな感じですか。

それが僕には理解できない。すばらしい話だとして、受け継がれているのか?もちろんそうだろう。

The Story of Amazing Grace
アメージング・グレイスについてのお話。作詞したジョン・ニュートン登場するよ。



アメイジング・グレイスについて。歌詞・訳詩


アフリカ人キリスト教徒もいうが、
「キリスト教宣伝者の白人が大勢やって来て、「福音」を説いた、そして気がついたら我々は手に聖書を持っているかわりに、土地はみな奪われていた」。
キリスト教は文字通り直接に侵略の手先であった。



そして、黒人のアレサ・フランクリンがアメージング・グレイスを歌う。



やっぱりわかんないけど。カルトだとか新興宗教とか騒がれてるところも、キリスト教的に由緒正しいやり方を守ってるだけかもね。
日本は、その昔キリスト教禁止してくれてたね。感謝。

大西洋奴隷貿易時代の日本人奴隷
「天正15年(1587年)6月18日、豊臣秀吉は宣教師追放令を発布した。その一条の中に、ポルトガル商人による日本人奴隷の売買を厳しく禁じた規定がある。」
「我が旅行の先々で、売られて奴隷の境涯に落ちた日本人を親しく見たときには、 こんな安い値で小家畜か駄獣かの様に(同胞の日本人を)手放す我が民族への激しい念に燃え立たざるを得なかった。」


歌詞を見ながら歌いたい人むけ。アメージング・グレイス
http://www.youtube.com/watch?v=PHpye0M34JQ



人気blogランキングへ


posted by ブーン at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

一番大切なもの。

一番なくしちゃいけないものとは、なんだろ。
金か、誇りか、命か、生活の中の笑いか。


少し前の歌で、1972年頃ですか。ザ・バンドの曲で、ジョーン・バエズが歌ったり。内容は1865年のことなので、142年前のお話ね。もう誰も生きてねえけど。
 そのころ日本は幕末。新撰組の池田屋事件が1864年。侍の時代の終わり頃。

舞台は、アメリカの南北戦争。

The Night They Drove Old Dixie Down   --The Band

「木こりが仕事で、稼ぎが良くなくても気にしない。
でも一番大切なものをあいつらは、持っていってしまった」

「兄貴は18歳で、誇りと勇気を持っていた。」

大切なものを持っていかれたのは、誇りか、それとも兄の命か。

しかし、歴史というのは残酷なので、そんな悠長に、ロマンチックにこの曲を聞かしてはくれない。バリバリの奴隷時代。インディアンがまだ馬に乗っていた時代。奴隷制度の廃止vs奴隷制度存続を含んだ戦争。持っていかれたものは、白人の特権か、奴隷制度か。それとも彼の持っていた何か。それが何かは分からないけど。当時の大統領はリンカーン。リンカーンはこの歌の舞台となる1865年殺される。

南北戦争の少し後、日本も戦争が起こって侍は消えました。勝者になったもの、敗者になったもの。その違いは信念からか、たまたまか、廻りの人についてったのか。勝者のルールで時代は進む。

「北軍が南軍を追い払った夜
みんなこんな歌を歌っていたよ
  ナーナナナナ・・・・」




歌詞・日本語訳


アメリカ南北戦争(The Civil War)



人気blogランキングへ



posted by ブーン at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

(poison)-Nas 白人 黒人 日本人

おもしろいものを読んだ。留学って素敵ですか?


「副島隆彦の学問道場」の
気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板より
http://www.snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=sample1

○転載開始○
「妊娠したのだが、白人の旦那が結婚したくない、というので、その話し合いに通訳して欲しい」です。
日本人の女性は結婚したいのだが、白人男性は嫌だそうで、そもそも、そんな大事な話を、まともにコミュニケーションできないのに、子供ができる、という状況が間違っている、という話です。

結局、その女性は、中絶するために日本に帰って、それから、またアメリカに戻ってきました。
ちなみに、白人たちの間で、日本人とセックスするのは何がいいかと言えば、
「金がある、おごってもらえる、一応、欧米人並みにおしゃれをする、白人そのものに、ブランド意識を持っている、
あとは、妊娠しても親に黙って、勝手に中絶するのが便利」といってました。
韓国人女性の嫌なところは、「親が出てくるから、面倒だ」です。どうせ、見かけは日本人も韓国人も同じなんで、それなら日本人でいいよ、ということです。
○転載終了○


http://web.mac.com/h2mixers/
 臼田博之という人が投稿してまして。Nas をお勧めしているので聞いてみた。

歌詞訳の一部 転載開始
「人生は短い、ってどっかのニガーがいってたな。

それはしかし人生をどう生きたか、何をやったかで違ってくる。

黒人を殺す企業が、俺たち黒人を使って金儲けするなんて、笑い話だな。
ファーストフード、コーラ、ソーダ、スカルアンドボーンクロスだ、、、

おい、それは毒だ。エクスタシー、コカイン、
お前はそれらが好きなんだろうが、それは毒だ。」転載終了






アメリカ留学から帰ってきて、「俺は白人になりたい」「生まれ変わったら白人になりたい」と言っていたやつがいた。こいつはバカだ。どうしようもないバカだ、と思っていたが、聞いたのは一度じゃなかった気がする。そして薬だとかマリファナとかの話をされることは大迷惑だ。

人気blogランキングへ



タグ:音楽 NAS
posted by ブーン at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ルー・リード 南京

 起こった事件のことを羅列してみて、何かがわかるのかもと思ったりするが、何もわからん。


「南京」の歌を歌う、ルー・リードのHPがかっこよかったりする。 http://www.loureed.org
 映画つくるところと同じAOLに所属かな?リンクあるが。
  
中国人らしき拳法家に習ったり、ツアーに一緒にいったりしてますが。ルーも、拳法雑誌の表紙に載ったりしてるね。
 http://www.youtube.com/watch?v=72yaPmAH3uw
チベットについての活動もしているとかしてないとか。チベットハウスで歌ってるようだが。チベットの映画も作って主題歌歌ってあげないとね。ホンダのCMにも出演してるんやね。ホンダと吊バンドのホンダさんとを間違えてないかな?大丈夫?

 チベットハウス http://www.tibethouse.org/


ルーの奥さんは「国際ホロコースト記念日に追悼コンサート開催 」に出演したりしてますね。


「世界抗日戦争史実維護連合会」について
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/137462/




ホンダ関連だが。
マイケル・ホンダ(Michael Honda)氏との対話 東中野氏は突っ込まれるために存在しているのか?


ルーさんのことを良く知らない人はここで見れる
ベビー・スモール・カントリー・ゴーゴーゴー!!と言ってますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=yl57V6ZquR0



人気blogランキングへ




posted by ブーン at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

雨を見たかい? 命を削るやつ

少し前の話をしようか。

30年くらい前から40年くらい前の話じゃ。

アメリカに、ジョン・フォガティという若者がおった。
彼はクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルというバンドを作って歌っておった。CCRと呼ぶんじゃ。


そのころアメリカは戦争しておった。
アメリカはよく戦争をするがの。
そのときは、ベトナム戦争じゃ。

ジョンは歌を歌う。格好良くて独特な声でな。CCRは人気がでたよ。

そう、雨の歌もあったよ。雨が降ってくる。キラキラと。
晴れた日に降ってくる。
雨を見たかい?雨を見たかい?


雨といっても濡れはせんよ。
雨とは、空から降ってくる爆弾のことじゃ。
ベトナムには、よく雨が降った。日本にも沢山降ったじゃろ。


今でもどこかに雨は降っているじゃろう。
アメリカは、戦争が好きじゃからの。


この歌、聴いたことあるじゃろ。CCRの曲は、今でもよく流れておるよ。どこかでの。






ボーカルのジョン・フォガティは今でも元気に歌っておるよ。
いいおじさんになったがの。
兄のトムは20年くらい前に亡くなったよ。エイズでな。



人気blogランキングへ



posted by ブーン at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

カセットテープ で エアチェック

最近は、いろんな音源道具がでてきとるね。

音源道具という言い方は今思いついて適当に使っておるんやけど。

携帯ダウンロードというのは良くわからない。
メモリースティックみたいなものに録音するわけか?
MDというのは、中途半端な存在になってる気がするね。
MDは車に載っているが、壊れているので使わない。

mp3というのもさっぱり分からない。

よってCDとカセットテープだ。

今後もカセットテープが使えるのが心配なのだが、生き残るだろうか。

ここで懐かしいカセットテープがたくさん見れるぞ。懐かしくはないか。
 カセットテープ展示館


昔はメタルが憧れで、ハイポジションが格好良かった。
とくに重たいやつ。金属ぽくて重たいのだ。
安いラジカセできくんやから、あまり音質など関係なかったかも知れんが。
 しかしあまりに安いテープを使うと、すぐに伸びる。もしくは2回目の録音で前の音が消えずに、2つの音楽を一緒に聞くことになる。そしてそんな粗悪なテープは今でもある。
 
ねじを外せば解体できるので、よく改造もしたもんだ。中から色を塗ったり。テープが切れても、ある程度直せたモンネ。
ラジオ番組よく録音したね。エアチェックっていってたよ、たしか。電気屋の開店プレゼントにも、カセットテープ貰ったね。
 

マクセルの、ワムのCMです。流行ったな。
金色かっこよくて持っていたよ。



TDK。グローブが出てたんヤネ。記憶にはない。




人気blogランキングへ




posted by ブーン at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

四月の風

 1996年4月、仕事が変わり車で現場まで。

伊丹空港のそばを走るとき、朝、そして夕方この曲に聞き入った。

 エレファントカシマシ 四月の風

 そして土手の上を飛行機を横目にみながら、橋を渡りきるころに流れてくる曲は

 スピッツ チェリー 
 ミスターチルドレン 花-Mémento-Mori-

なんて贅沢な4月やったんやろ。

明日もがんばろう。愛する人にささげよう。

風が吹いた

11年たっても、四月の風が吹く。
http://www.youtube.com/watch?v=LJbIAyyAsOc


いつかまたこの場所で君とめぐりあいたい・・・・なかなかあえないもんやね




人気blogランキングへ
posted by ブーン at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しき人間の日々

FM802のヘビーローテーションで流れてきた曲。
久々に、かっこいい曲でてきたなーと思った。2004年の4月のこと。

 CDを買って聞く。歌うけど、自分とはキーがあわずそれは残念。夏の四国のフェスティバルに見に行ったのも、同じ年だったか、次の年やったか。矢井田瞳ちゃんや、湘南の風、そしてサンボマスター。モンゴル800もいたな。夏フェスって最高におもろいことを知る。そして、サンボマスターの演奏中、人波につぶされそうになり、つぶれたのは僕のメガネだった。






posted by ブーン at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し前の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。