2009年07月10日

選挙脳トレーニング。選挙脳力を鍛える。

選挙脳トレーニング その1 に続きまして、
その2です。
 設問は簡単ですが、じっくり考えることにより、選挙脳力が養われます。選挙脳には、想像力と、現実の世界を結びつける能力が必要なのです。

選挙とは、ピンクかグリーンを選ぶのではなく、灰色か黒色を選ぶのです。最悪を避けるのです。究極の選択なのです。

今回は、イメージを膨らましてもらうために、設問に日本という言葉は入れていません。様々な国や、仮想の国をイメージしてください。
では、どちらの国が良いか・ましか、選択していってください。

究極の選択です。

-------------------------------
選挙脳トレーニング その2

○ 選挙権について

1 国籍を持つものだけが、権利をもつ国。

2 国に住むもの全てが、権利をもつ国。


○ 国境線について

1 明確にする国。

2 明確にしない。隣国の事情を考慮する国。


○ 領土について

1   領土をとられたら、戦争して取り返す国。

2   領土をとられたら、あきらめる国。


○ 教育について

1  義務教育が無い国。すべての教育において、自己負担の国。

2  幼稚園から大学まで義務教育。すべての教育について、無料である国。


○ 歴史について

1   つねに新しい歴史をつくっていくのだから、古い歴史はいらない。
  政権をとったものが歴史を書き換える国。

2   これまでの歴史を大切にする国。


○ 派遣労働について

1  全面禁止の国。

2   あらゆる業種において自由に派遣できる国。


○  医療について

1 全て無料。税金でまかなう国。

2 全て自己負担の国。


○  国のリーダー(首相・大統領)について

1   毎年変わる国。

2   20年間同じ国。


○  国旗・国歌について

1   無い国。

2   有る国。


○  国籍の定義について

1 国に忠誠を誓うものが国籍を持つ国。

2 国で生まれた者が、国籍を持つ国。


○  工業・農業について

1 食料自給率100%。工業は全く発展していない国。

2 食料自給率0%。工業により、国がなりたつ国。


○  政党の公約・マニフェストについて

1   公約に違反すると逮捕される国。

2  公約・マニフェストを発表しない国。


○  議員について

1 議員になると、一生逮捕されない権利を得る国。

2 議員になると、約半数が逮捕される国。


○  宗教について

1 国のリーダー(首相・大統領)が、教祖である国。

2  宗教は、一切禁止の国。


○ 労働について

1   地下資源が豊富なため、働かなくて良い。労働禁止の国。

2  地下資源が無いため、たくさん働かなければならない国。


○  男女について

1 男女の役割がはっきりしており、女性は働いてはいけない国。

2 男女が等しい義務・権利をもち、女性も必ず働かなければならない国。


○  道路・鉄道について

1  全て、民間が自発的につくる国。

2 全て、税金でつくる国。
   


------------------------

以上、選挙脳を鍛えるトレーニング、究極の選択でした。
正解は、ありません。

設問に、こまかい条件などは書いていません。
そのあたりも想像していくと、選挙脳力が鍛えられていきます。


それではみなさん、ますます選挙脳を鍛えていきましょう!

まだやってない人は
選挙脳を鍛えるトレーニング その1 もね

人気blogランキング
posted by ブーン at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙脳トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

選挙のための、脳トレーニング

選挙は、いつも究極の選択。
確実に、日本の、自分の未来をつくっていくもの。

でも、政治家って、誰がなっても同じだろ。
政党の違いもよく分からない。
マニフェストも、どうせ口だけだ。
信用できる政治家・政党なんているの?
どうやって選べばいいのかな?


そんなあなたに贈る、選挙脳トレーニング。
選挙に対する、脳の力を鍛えます。
マニフェストに対する、理解力も増えます。


選挙は、いつも究極の選択。
ピンクかグリーンを選ぶのではなく、灰色か黒色を選ぶのです。

それでは、選択肢のなかから、良いほう・ましな方を選んでください。
どちらの国のほうがよいですか?
-------------------------------

選挙脳トレーニング その1


○核戦争について

1 核ミサイルを、撃たれるほうがよい。自分が、死んだほうが良い。

2 核ミサイルを、撃つほうがよい。相手が、死んだほうが良い。


○防衛について

1 日本全土が、無防備地帯でよい。自衛隊はいらない。

2 各都道府県ごとに、核ミサイルを配備したほうがよい。


○マスコミについて

1 首相を、おだてるだけのマスコミが良い。

2 首相を、けなすだけのマスコミが良い。
  

○マスコミについて

1 日本政府の、検閲があったほうが良い。

2 外国政府の、検閲があったほうが良い。


○労働について

1 過酷な労働で、賃金が低くても、自分の力でお金を稼ぎたい。

2 なにもせずに、国からお金をもらいたい。


○選挙・投票について

1 選挙に行ったら、逮捕される。

2 選挙に行かなかったら、逮捕される。


○選挙権について

1 誰を選んでも一緒だから、政府が議員を決めればよい。選挙権は無くてよい。

2 誰を選んでも一緒でも、自分で議員を決めたい。選挙権はあったほうがよい。


○教育について

1 勉強すると、逮捕される。

2 勉強しなかったら、逮捕される。


○国旗・国家について

1 国家を歌うと、逮捕される。

2 国家を歌わなかったら、逮捕される。
 

○戦争するならどの国が良い?

1  アメリカ

2  中国

3  北朝鮮

4  ロシア


○貿易するのが、1ヵ国(地域)だけになりました。どの国(地域)がよい?

1 EU

2 中国

3 中東諸国

4 韓国・北朝鮮

5 アメリカ

6 ブラジル


○国のリーダーについて

1 嘘しか言わないが、話上手で、明るく格好いい首相。

2 真実しか言わないが、話ベタで、暗く貧相な首相。


○国のリーダーについて

1 外国に、従ってばかりいる首相。

2 外国を、従えてばかりいる首相。


○医療について

1 病院がたくさんあるが、病気はあまり治らない。費用は安い。

2 病院があまりないが、病気がよく直る。費用は高い。


○国の公用語について

1  1種類の言語がよい

2  10種類の言語がよい


○テレビについて

1 娯楽性が高く楽しいが、ニュース報道番組は無いテレビ局。

2 ニュース報道番組しかないテレビ局。


○政党について

1 党首がヤクザである。支持団体は、あなたが勤めている良い会社だ。

2 党首が、あなたの勤めている会社の社長だ。良い人だ。支持団体が、ヤクザだ。


----------------------------------------

以上、選挙脳トレーニングその1です。

答えは、ありません。
よく考えたあなたは、選挙脳がストレッチされて、マニュフェストが前よりも理解しやすい脳になっていくでしょう。
また、報道についても、理解しようとする姿勢ができてくるでしょう。

それでは、よい選挙脳を!!


自民党 http://www.jimin.jp/index.html
公明党 http://www.komei.or.jp/
民主党 http://www.dpj.or.jp/
共産党 http://www.jcp.or.jp/
社民党 http://www5.sdp.or.jp/



人気blogランキングへ
posted by ブーン at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙脳トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。